HOME HOME Sitemap Contact Us English






たかはま夢・未来塾は愛知県高浜市に在住の小学4年生から中学3年生を主に対象としたいろいろな講座を開催しています。


2018年02月05日

第5回 おもしろサイエンスクラブ

日時:2月4日(日)10:00-12:00

☆講座内容 『再結晶のふしぎ』
今日の講座は、沓名先生と化学の実験をしました。今日のテーマは「再結晶」です。


(1)ドライアイスの実験
氷は室温に置いておくと、液体である水になり、熱すると気体である水蒸気になります。
でも、固体のドライアイスは、室温に置いておくと、液体にならずに気体になります。
そこで、先生が液体状になっているドライアイスを見せてくれました。
少量入れたドライアイスに圧力をかけると、ドライアイスが液体になります。
 

また、圧力をかける道具に小さな綿をいれて、圧力をかけると綿が一瞬で燃えてしまいます。

圧力をかけると、分子の間隔が狭くなり、そのために分子同士がぶつかります。
分子がぶつかると、手をたたいたりこすったりしたように温度が上がり、その結果ドライアイスが液体になったり、綿が一瞬で燃えたりすると説明がありました。

さらにドライアイスにエタノールを加え、そこにプチトマトを入れました。
ドライアイスにエタノールを入れると、−60℃になり、プチトマトがカチカチに凍ってしまいます。


(2)ミョウバンを使った再結晶の実験
ミョウバンを使った再結晶の実験を行いました。
最初にミョウバンの飽和水溶液(それ以上溶けないという液)を作り、そこにミョウバンの小さな結晶をタネとして、糸につるします。
そのまま徐々に温度が下がるように発泡スチロールの箱の中に安置し、講座終了間際に出してみると、結晶が成長していました。

次に松ぼっくりに雪を降らせました。
松ぼっくりを容器に輪ゴムで固定し、上からミョウバンの入った水溶液をスポイドでかけます。
(水溶液には、ミョウバンのほかに中性洗剤、液体糊がはいっています)
その上から、仕上げにミョウバンの粉をふりかけます。
少し置くと、松ぼっくりの松かさにミョウバンの結晶が出来て、雪が降り積もったように見えます。
 

次にろ紙をきれいに切って、色を塗り、そこにミョウバン水溶液をかけて、クリスマスツリーを作りました。
 

(3)天気予報管
A液(精製水に硝酸カリウムと塩化アンモニウムを溶かしたもの)とB液(無水アルコールに樟脳を溶かしたもの)を混ぜて、温度をかけてとかし、それを試験管に入れて天気予報管を作りました。
 
硝酸カリウムと塩化アンモニウムは無水アルコールに溶けないし、樟脳は水に溶けません。
その絶妙なバランスが気温や気圧に反応し、結晶ができます。
結晶のでき方で、天気の変化がわかるようになります。

(4)色の変わる水
最後に色の変わる水の実験をしました。


今年度のおもしろサイエンスクラブはこれで終了です。
一年間ありがとうございました。
posted by おもしろサイエンスクラブ at 12:08| Comment(0) | News & Topics

PAGE TOP

[HOME] たかはま 夢・未来塾

愛知県高浜市に在住の小学4年生から中学3年生を主に対象としたいろいろな講座を開催しています。
 新着情報
 どんなところ?
 理事長あいさつ
 未来塾新聞
 概要・MAP
▼行事予定
 行事予定一覧
 ロボット
 発明
 映画ビデオ
 英語でアート
 Learning Games Club
 ディベート
 まんが
 おもしろサイエンス
▼講座紹介とブログ
 各講座の紹介
 ロボット
 発明
 映画ビデオ
 英語でアート
 Learning Games Club
 ディベート
 まんが
 おもしろサイエンス
 サイトマップ
 お問い合せ
 塾生募集案内
 指導員の募集
 支援企業の皆様
 English ( About Us )
 

たかはま 夢・未来塾
〒444-1305  高浜市神明町2-18-13   TEL/FAX  0566-87-7608