HOME HOME Sitemap Contact Us English






たかはま夢・未来塾は愛知県高浜市に在住の小学4年生から中学3年生を主に対象としたいろいろな講座を開催しています。


2017年01月08日

第4回 おもしろサイエンスクラブ

日時:1月8日(日)10:00-12:10

☆講座内容 「人工いくらであそぼう」
今日は化学実験をしました。
講師は沓名健次先生です。


●人工いくらを作ろう
人工いくらを作ります。
主な材料は、わかめなどの海藻のぬるぬる成分であるアルギン酸ナトリウムとにがりの入った水溶液です。
アルギン酸ナトリウムは粉末なのですが、使いやすいように先生が水に溶かしておいてくれました。
かなり高粘性のどろっとした液体になっています。
≪作り方≫
(1)プラコップにアルギン酸ナトリウムを入れ、水彩絵の具で色を付けます。
(2)口が広いコップににがりが入った水溶液を入れます。
(3)ストローやスプーンを使って、(1)を(2)に滴下します。
高いところから落とすほど、球体に近くなります。
とはいえ、高くすればするほど、にがりの入ったコップに命中させるのは難しくなります。
みんな100個くらい作るのを目標に作りました。
  

●人工いくら時計を作ろう
浮力の実験をしました。
ばねばかりで170gを示す球体を水を入れたメスシリンダーに入れたら、球体が浮き、ばねばかりは70gを示しました。一方、メスシリンダーのメモリは100cc増えました。

「水中にある物体は、その物体がおしのけた体積と同じ体積の水の重さに等しい大きさの浮力を受ける」というアルキメデスの原理をよく表している実験です。
その応用で、水が入ったビーカーで沈んでいるプチトマトをどうやったら浮かせるかを考えました。
海水浴の経験からか、でんじろう先生の影響か、「塩!」と答える子が多かったです。
結論としては、水に溶けた分だけ、ものを浮かす力が生まれるので、水に溶けるものなら塩に限らず何でもいいわけです。溶解度が高いほど浮かす力は強くなります。


というわけで、ペットボトルに水を入れ、そこに作った人工いくらを入れました。
人工いくらはにがりの入った水溶液では浮きますが、水道水では沈みます。
ここに、塩・砂糖・重曹を溶かして、人工いくらを浮かすようにします。
 
なかなか浮かないので、最後は尿素も使いました。人工いくら時計の完成にあと一歩で時間切れとなりました。
この人工いくら時計は、ひっくり返すと一旦沈み、時間の経過とともに浮かびあがってくるので タイマーとして使えます。
posted by おもしろサイエンスクラブ at 00:00| News & Topics

2016年12月11日

第3回 おもしろサイエンスクラブ

日時:12月11日(日)10:00-12:00

☆講座内容 「立体凧」
今日は、お正月が近いということもあり、立体凧を作りました。
講師は、おもしろ科学実験キャラバン隊の古ア先生です。


先生が入念に準備してくださったので、作り方は簡単です。

(1)骨組みのジョイント部分となるチューブを
移動させる

(2)不織布を広げ、骨組みと液体のりでくっつける



(3)輪っかになるように不織布を貼り合わせる


(4)すじかいを入れて、上から14.センチのところに
糸目をつける


完成したら、凧揚げに行きます。

運ぶ時はすじかいをはずしてコンパクトにし、
凧を揚げるところで、組み立てます

風が弱かったのですが、走ると揚がりました



凧をつくる作業を丁寧にした人は簡単に作れましたが、作業を雑にしてしまうと、すじかいを入れたときに凧が壊れてしまい、何回も作り直さないといけなくなりました。
「急がば回れ」という言葉もありますが、簡単そうに見える作業でも丁寧にすることが大切だと思いました。

河原とか田んぼとかもっと電線を気にしなくてもいいところで、お正月に飛ばせるといいですね。

次回は、人工いくらで遊びます。
posted by おもしろサイエンスクラブ at 00:00| News & Topics

2016年11月20日

第2回 おもしろサイエンスクラブ

日時:11月20日(日)10:00-12:00

☆講座内容 「不思議な万華鏡とふわふわ飛行機」
今日の先生は、おもしろ科学実験キャラバン隊の榊原先生と赤堀先生です。

榊原先生

赤堀先生


●不思議な万華鏡
まず、はじめに万華鏡に入れる偏光板についての説明が赤堀先生からありました。
偏光板は、光を一方向にのみ透過する板です。
2枚重ねると重ね方によっては、光を遮断し、黒く見えるようになります。
その性質を利用した不思議な筒も見せてもらいました。

その後、万華鏡の製作を始めました。
(1)プラコップに光が入らないようにプラコップの側面に内側からアルミテープを貼ります。
(2)偏光板を丸く切り、(1)のプラコップの底に両面テープで張り付けます。
  両面テープがはみ出ないようにすることと、偏光板のフィルムを貼り付けます。
(3)牛乳パックを丸く切り抜き、そこにトレーシングペーパーと偏光板を貼り付けます。
(4)白い方を外側にして三面をセロテープでとめます。(長い方の一方をあけておきます)
 開けた部分からプラスチック板を差し込みます。
(5)(4)で作ったものを(2)とは別のプラコップに貼り付けます。
(6)(5)でつくったプラコップに(2)でつくったプラコップを入れます。
  (2)のコップを回すと、偏光板のせいで穴が暗くなったり、明るくなったりします。
(7)透明なプラスチックの板(6センチ×8センチくらいのサイズに切る)にセロテープを
  ペタペタ重ねて貼ったものを(5)のプラコップの牛乳パックの間に差し込みます。
  すると、自分だけの素敵な万華鏡の出来上がりです。

万華鏡製作中





完成

このように見えます


●ふわふわ飛行機
発布スチロールを先生が持ってきた機械で薄く切ります。
型に沿って、切り取ります(型はアルソミトラの種型とナウシカのメーヴェ型があります)。
プラスチッククリップの重りをつけて、出来上がりです。
上手に飛ばして遊べます。

発泡スチロールを薄く切ります

飛行機を作って飛ばしました


posted by おもしろサイエンスクラブ at 00:00| News & Topics

2016年09月11日

平成28年度 第1回 おもしろサイエンスクラブ

日時:9月11日(日)10:00-12:00

☆講座内容「スライム」
今日の講師は、愛知こどもの国からおもしろ科学実験キャラバン隊の古ア先生です。

●スライム
まずはじめに、材料の説明がありました。
 ・ホウ砂水溶液:2Lの水道水に80gを溶かしたもの。ホウ砂は薬局で購入可能です。
 ・色水:水道水に食紅を溶かしたもの(絵具でも代用可能)
 ・洗濯糊:PVAが主成分のもの。ダイソーなどでも購入可能。
次に道具の説明がありました。
 ・ホウ砂水溶液・色水・PVAを量るカップ3つ
 ・スライムをつくるためのプラコップ
 ・割り箸

スライムを作ります。
(1)材料を量りとります。色水はカップ半分くらい、ホウ砂水とPVAはカップの目印線まで入れます。
(2)プラコップに材料をいれ、割り箸でよく混ぜます。
(3)トレーに取り出し、手でよくこねながら、余分な水分を飛ばします。
スライムの完成です。
  
  

●ジャイロ紙飛行機
ジャイロ紙飛行機をつくりました。B5用紙の端を2-3p残して、2つに折ります。
2-3pの端を残したまま、折り目のほうからまた2つに折ります。
これを繰り返して、折れないところまで来たら、軽く机でしごいて、丸みをつけます。
最後に丸めて、セロテープでとめたら、ジャイロ紙飛行機の完成です。
 
 
posted by おもしろサイエンスクラブ at 00:00| News & Topics

2016年01月10日

第5回 おもしろサイエンスクラブ

日時:1月10日(日)10:00-12:00

☆講座記録 「光通信」
今日のテーマは、「光通信」です。
講師は、おもしろ科学実験キャラバン隊の赤堀先生と榊原先生です。


(1)音について
音の伝わる速さについて学びました。
 空気(真空・・・×)・・・・・・340m/秒
 水 (液体・・・○)・・・・・・1,500m/秒
 鉄 (固体・・・○)・・・・・・5,000m/秒
 電波・・・・・・・・・・・・300,000km/秒
気体<液体<固体の順で音が伝わる速さが速くなるのは、密度によるものだそうです。
密度が高いほど、伝わりやすくなります。
電波は、光と同じスピードになるそうです。

榊原先生が鉱石ラジオを作ってきてくださいました。
鉱石ラジオとは、方鉛鉱や黄鉄鉱などの鉱石の整流作用を利用したAMラジオ受信機です。
電池を使わないラジオです。
窓際に設置し、みんなで聞いてみました。


(2)光通信製作
榊原先生の作った光通信キットを使って、光通信を作りました。
お友達とメロディーが違うので、メロディー部分を友達と交換してみると、違う音を聞くことができます。
 
 

●おまけの光通信工作(おうちでやってみよう!)
紙コップの底に穴をあけ、口の部分にアルミホイルを貼ったものをつくります。
(アルミホイルのピカピカ光るほうを外にしたほうがよいかもしれません)
アルミホイルの真ん中に小さな穴を開けます。
紙コップのアルミホイルに太陽光を反射させて、光電池に当たるようにします。
紙コップの底の穴に口をつけて話してみましょう。
自分の声が波となって、アルミホイルを震わせ、それが光の信号となって、光電池に受信されるので、自分の声がスピーカーから聞こえるようになります。


平成27年度のおもしろサイエンスクラブは、これで最後になります。
最後ということで、みんなにアンケートを取ってみました。
≪塾生の声≫
・サイエンスは学校で習わなかったことをいろいろ学べました。とくに今日の光通信は面白かったです。
 あとスーパーボールロケットも面白かったです(小6)。
・おもしろかった。とくにシャボン玉がおもしろかった。兄弟でちがうメロディーにしてよかった(小4)。
・少しだけだったけど、将来役に立つ実験ばっかりだったので、このサイエンスをやって良かったと
 思いました。先生もわかりやすく話してくれたので、実験が楽しくできました。1年ありがとうござい
 ました(小4)。
・科学とかは苦手だったけど、少し得意になりました(小4)。
・今年で、サイエンスクラブも4年目ですが、毎回新しいネタが出てきて大変おもしろかったです。
 中学生でもためになる原理の説明が聞けるので、来年度もできれば参加したいです(中2)。
posted by おもしろサイエンスクラブ at 00:00| News & Topics

PAGE TOP

[HOME] たかはま 夢・未来塾

愛知県高浜市に在住の小学4年生から中学3年生を主に対象としたいろいろな講座を開催しています。
 新着情報  どんなところ?  概要・MAP  サイトマップ  お問い合せ  理事長あいさつ
 指導員の募集  未来塾新聞  支援企業の皆様      English ( About Us )
▼ 行事予定
 行事予定一覧  ロボット  発明  映画ビデオ  英語でアートクラブ
Learning Games Club
 ディベート  まんが  おもしろサイエンス
▼ 講座の紹介 ・ BLOG
 各講座の紹介  ロボット  発明  映画ビデオ  英語でアートクラブ
Learning Games Club
 ディベート  まんが  おもしろサイエンス
たかはま 夢・未来塾
〒444-1305  高浜市神明町2-18-13   TEL/FAX  0566-87-7608